事業再生・承継応援パック

御社にこのような事はございませんか?

  • 金融機関に経営改善計画を作ってくださいといわれた
  • 市場が縮小し、売上も年々減少している
  • 5年後の自社の存続イメージがしにくい(中期経営計画を立てることができない)
  • 金融機関の担当者の対応が厳しくなってきたと聞いている
  • 金融機関からコンサルタントを紹介しますといわれた
  • 借入金の返済延長をしようと思っている
  • 二期連続赤字になっている(なりそうだ)
  • 売上高と資産総額のバランスが悪くなってきている
  • 最近、資金繰りのことで手がイッパイだ
  • 金融機関から債務者区分が下がりますといわれた

「勘定あって銭たらず」

「うちの会社は毎年利益を上げているのに、一向に資金繰りが楽にならない」と嘆いている経営者の方にお会いする事があります。
これは俗に言う「勘定あって銭たらず」の状態にあるわけです。
「勘定があう」というのは、損益の面で売上の方が費用よりも大きい、つまり利益がでているということです。
また「銭がたらない」というのは、現金の出入りの面で収入よりも支出のほうが多いということです。
この状態がひどくなると「黒字倒産」になります。

企業の存続にとって、資金繰りをおろそかにしてはいけないという教訓を、この言葉は示しています。
なぜこのようなことがおきるのでしょうか?
改善する方法はないのでしょうか?

当事務所は、中小企業の資金繰り改善を親身になってお手伝いいたします。
まずはご相談ください。

  • 月額顧問料
  • 21,000円(税込み)
    【決算料込み】